社員育成

シンプルモダン~心の琴線に触れる家づくり

ここに写真が入ります。

私どもは、オリジナル家具付きのデザイナーズ住宅をより低価格で実現するため、これまでの家づくりの常識を超えた、様々な挑戦に取り組んでおります。

デザイン、コスト、耐震性、断熱性etc・・・。理想の家づくりには様々な要素が絡み、 特にコストと性能は常にトレードオフの関係になりがちです。
一方を追求すると他方が犠牲になるトレードオフを覆す施策のひとつが、独自のグリット設計によるプランニング。すなわち、構造から整理し、グリッドの軸線上に上下階の壁を配置していくことで、 シンメトリーなシンプルモダンデザインを実現しながら、材料の無駄を省く設計手法です。

私どもの定義する「シンプルモダン」とは、足し算のデザインではなく引き算のデザインであり、
ムダを削ぎ落とすデザインと美意識から発展し、結果的に耐震性やコストに好影響を与えていくというものです。
20世紀を代表する建築家ミース・ファン・デル・ローエは、「Less is More(より少ないことはより良いこと)」という言葉を残しています。
装飾の美しさ、デザインのためのデザインではなく、無駄を削ぎ落とした恒久的なデザインの先に耐震性やコストを両立していく、という本質に根ざしたデザインこそが、私どもの考えるシンプルモダンです。 しかし、追求すればするほど「デザインや品質のごまかしが利かない」のがシンプルモダンの難しさでもあり、この十年で建築の大きな潮流となっているにもかかわらず、本質的な視点から取り組んでいるビルダーは多くありません。

デザイン性を突き詰めれば、一方で現実的な開口部の納まり、水密、気密の点など、施工現場は大変気を遣うものであり、 全てを両立させていくには、構成要素を正確に整理し、納まり(ディテール)まで徹底的に考慮しなければなりません。 ハウスデザインでは、1物件毎に80箇所以上の基本ディテールデータをもとに現場を施工することで、高い施工精度を確保し、 コスト要因となる手戻り工事を減らす施策を実施しています。 設計ディテールからマテリアルまで徹底的にこだわった「心の琴線に触れる家づくり」をコンセプトに、 従来のパワービルダーやハウスメーカーのビジネスモデルに一石を投じた、まったく新しいビルダー業態を確立し、 社員一丸となって、地域に愛されるブランド工務店を目指してまいります。

略歴

1971年
西置賜郡飯豊町にて、叔父と父親が経営する木材・建材会社(旧・梅津建材)の長男として生まれる。
1993年
明治学院大学 法律学部卒業。
1993年
広告代理店(東京都)に入社。ハウジングガイド(CX)、ハウスメーカーの広告企画業務に携わる。
1997年
経営情報コンサルティング会社(東京都)に入社。主に外食チェーンと住宅FCチェーンの出店開発、
SV(スーパーバイジング)支援業務に携わる。
2004年
実家のある山形県長井市に帰郷。叔父と父親が経営する木材・建材会社に入社。
2006年
建築部門の責任者として着任(常務取締役)
2007年
(株)フォーセンスとVC契約し、「ハウスデザイン事業部」を立ち上げる。置賜エリアを中心に、事業展開を図る。
2010年
ハウスデザイン株式会社を設立し、村山エリア(山形県山形市)に進出。代表取締役就任。
2011年
山形初となる「JUPITER CUBE」のモデル展示場をプロデュース出店。

ページトップへ

私たちは、お客様と社員に信頼される企業を目指します。常に『こだわり』『適正価格』を追求し、企業価値の持続的向上を目指します。私たちの取り組みがお客様の家づくりの満足度の向上、住宅業界の活性化に繋がるよう日々精進します。
山形、設計事務所、建築家、高気密高断熱、エコ住宅、省エネ住宅、一戸建て、新築住宅、注文住宅、デザイナーズ住宅、デザイン住宅、モダン、山形、山形市、天童市、東根市、山辺町、中山町、村山市、河北町、大江町、寒河江市、米沢市、上山市、高畠町、南陽市、川西町、飯豊町、長井市、白鷹町